特集記事

展示会レポート 2019.05.17

第11回 オートモーティブ ワールド

エレクトロニクス 実装技術 編集部

第11回 オートモーティブ ワールド

 自動運転、クルマの電子/電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における先端テーマの最新技術が一堂に出展される『第11回 オートモーティブワールド』が、1月16日(水)~18日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて開催された。

 同展示会は、『第11回[国際]カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレJAPAN ~』、『第10回 EV・HEV駆動システム技術展 ~EV JAPAN ~』、『第9回 クルマの軽量化 技術展』、『第7回 コネクティッド・カーEXPO』、『第5回 自動車部品&加工 EXPO』、『第2回 自動運転 EXPO』の6展で構成され、3日間の来場者数は37,657名を集めた。

 

 

 ブラザー工業(株)は、高出力により素早く高品質な印字が行える高出力ファイバレーザマーカ『LM-3200Fシリーズ』の展示を行っていた(写真1)。

 同製品は、20W(発振器での出力)の高出力レーザにより、印字の種類も文字をはじめ、バーコード/2次元コード、画像や図形などに幅広く対応する。

 ヘッドからファイバユニットとケーブルの取り外しが可能で、ファイバユニット側にてレーザの光軸を設定してあるため、取り付け時の調整作業も不要。
小型のヘッドは、IP64に対応しているため、過酷な生産現場にも対応可能。

190517img_01.jpg

(写真1)高出力ファイバレーザマーカ『LM-3200Fシリーズ』

 

 電子磁気工業(株)は、高機能と高分解能を実現するガウスメータ『GM-5015』の展示を行っていた(写真2)。

 同製品は、24ビットのA/Dコンバータを使用し、±40000の高分解能を有している。

 ディスプレイは、蛍光表示管(VFD)で遠くからも見やすく、各種機能、モードをダイレクトに表示、選択できる。

 絶対値ピーク、有極性ピークに伴った比較、アラーム機能など豊富な機能に加え、AC測定に関しても5kHzまで、またパルス磁界の最大値と磁界測定ができるように設計されている。

 オートキャリブレーション方式を採用しているため、プローブは電源を投入後、直ちに測定が可能。

190517img_02.jpg

(写真2)ガウスメータ『GM-5015』

 

 (株)バイオスシステムは、GPS衛星を利用したGVS速度/距離計『VGVS-SP6Ci』の展示を行っていた(写真3)。

 同製品は、2チャンネルの入力または出力が可能で、CAN入力時はGVSに同期してUSB出力、CAN出力時は速度や座標データを出力。

 表示器は、車速や衛星数、各計測モードの演算結果を表示。

 6軸ジャイロ(3軸加速度+3軸角速度)を搭載し、補間機能を強化。

 また、ブレーキ試験や発進試験などの計測/結果演算機能を搭載している。

 計測/演算結果は、各計測モードごとにCSV保存が可能。

190517img_03.jpg

(写真3)GVS速度/距離計『VGVS-SP6Ci』

 

 (株)中日諏訪オプト電子は、360度の映像録画が可能なコンシューマ/業務車両用ドライブレコーダ『THD-601』の展示を行っていた(写真4)。

 同製品は、水平180度、垂直80度の広角レンズを2個搭載し、全首位、信号機をカバー。

 2K CMOSセンサを2つ搭載し、広角/高画質で記録可能。

 2×2ストリーム録画により、イベントは高画質、常時録画は長時間録画が可能。

 また、Wi-Fiによるスマートフォンとの連動も可能。

190517img_04.jpg

(写真4)ドライブレコーダ『THD-601』

 

 日置電機(株)は、多チャネル高速検査や4端子測定方式にも対応する組み込み可能なモジュールタイプのインサーキットテスタ『FA1220』の参考出品を行っていた(写真5)。

 同製品は、PCベースでフレキシブルな運用が可能(PCは別途必要)。

 長期的に抵抗変化のトレンドを計測するなど、検査シーンでフレキシブルに活躍。

 コマンドフレンドリーなアプリケーション、豊富な外部インタフェースにより、ユーザーのシステムで思い通りに制御が可能。

 FPC/ハーネス/コネクタ/半導体プローバ/溶接部/配電盤配線などの検査に適している。

190517img_05.jpg

(写真5)インサーキットテスタ『FA1220』

 

 グラフテック(株)は、CATⅢ 600Vの安全規格に対応し、高電圧/実効値測定が可能な高電圧高速4チャネルロガ『GL2000』の展示を行っていた(写真6)。

 同製品は、他チャネルの影響を受けにくく、チャネル間絶縁を採用するとともに、A/Dも16bitを採用し、高速で高分解能な測定が可能。

 マルチファンクション入力で、電圧や温度などの各現象を高速で同時に測定が可能。

 見やすく操作性のよい、7インチTFT液晶を採用。

 カーソルキー&ENTERキーで簡単に操作でき、設定メニューも6画面で簡単に設定が可能。

190517img_06.jpg

(写真6)高電圧高速4チャネルロガ『GL2000』

 

 (株)コアーズは、加熱形状変化を4D動画で計測/観察が可能な加熱形状&平坦度測定装置『4DScanner』の展示を行っていた(写真7)。

 同製品は、加熱時の変形を3D動画から解析し、加熱のはじめから終わりまで、温度ごとの変化を視覚的に掴むことができる。

 また、動画には高さをはじめ様々な情報が含まれており、多角的な解析ができる。

 さらに、対流加熱方式の採用により、熱風による対流加熱は実装時のリフロー環境に近く、より精確な解析を可能にする。

190517img_07.jpg

(写真7)加熱形状&平坦度測定装置『4DScanner』

 

 (株)MKエレクトロニクスは、熟練のスキルが必要なく作業が可能なデジタルケーブルストリッパ『MKS725S(高速タイプ)/725P(パワーアップタイプ)』の展示を行っていた(写真8)。

 同製品は、刃のくい込み量、セミスト長、刃の回転数を簡単なキー操作で設定でき、ロータリースライド方式によるシャープな切り口を実現。

 芯出しベアリングを標準搭載。被覆が薄いケーブルのストリップも可能。

 5.7インチカラータッチパネルを搭載し、日本語/英語/中国語の3ヵ国語に対応するとともに、わかりやすくイメージイラストで表示される。

190517img_08.jpg

(写真8)デジタルケーブルストリッパ『MKS725S/725P』

 

同展示会の次回開催は、2020年1月15日(水)~17日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される予定。


 

Gichoビジネスコミュニケーションズ株式会社エレクトロニクス 実装技術 編集部

国内唯一の実装技術専門誌!『エレクトロニクス 実装技術』から転載。 最新号、雑誌の詳細はこちら

http://www.gicho.co.jp/ept/

関連する記事

この執筆者が書いた記事

カテゴリ:展示会レポート

基板関連工場の
無料登録 のご案内
貴社の設計、製造、実装の仕様、製造実績の登録をお願いします。