特集記事

  • HOME
  • 特集記事
  • 20万CPHを実現した超高速モジュラマウンタ「Z:TA-R YSM40R」発売
基板材料・副資材 2016.04.21

20万CPHを実現した超高速モジュラマウンタ「Z:TA-R YSM40R」発売

基板の窓口編集部

ヤマハ発動機(株)は、20万CPHの生産性を誇る表面実装機の新製品「Z:TA-R(ジータ アール)YSM40R」を2016年5月3日から発売する。

主な特長は、

①「革新的な生産性」をコンセプトに、横幅1mのコンパクトなプラットフォームに4ビーム・4ヘッドレイアウトを採用し、高速生産性とともに柔軟な生産形態対応力を併せもつ、㈪新開発の超高速RSヘッドは、ロータリヘッドでありながら同時吸着が可能。新型高速アルゴリズムの採用で制御を高速化したサーボモータやZSフィーダなどの相乗効果により、20万CPHの卓越した搭載速度を可能にし、圧倒的な面積生産性およびライン長生産性を実現、

②リアルタイムに吸着直後・装着直前・装着直後の部品保持状態をチェックする新開発高速サイドビューカメラや、新型高剛性ベースフレーム、新型軽量Xビームの採用などにより搭載精度と実装信頼性を向上させ、0201(0.25mm×0.125mm)サイズの極小チップ部品実装にも対応、

③生産を中断することなくノズルの自己診断・自己復旧を行う新機能「ノズルヘルスケア」の採用や、従来から標準搭載していた「e-Vision」などの自動部品データ生成機能の精度を高めて吸着エラーや認識エラーの発生を予防することにより、マシン停止ロスを大幅に削減し、実稼働率を向上させている。

詳細はこちら

 
基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。

関連する記事

この執筆者が書いた記事

カテゴリ:基板材料・副資材

基板関連工場の
無料登録 のご案内
貴社の設計、製造、実装の仕様、製造実績の登録をお願いします。