特集記事

  • HOME
  • 特集記事
  • SiCパワーデバイスの生産能力の強化のため新棟を建設
IC・電子部品 2018.04.10

SiCパワーデバイスの生産能力の強化のため新棟を建設

基板の窓口編集部

ローム(株)は、需要が拡大するSiCパワーデバイスの生産能力強化のため、ローム・アポロ(株)の筑後工場に新棟を建設することを決定した。
新棟は、地上3階建てで、延べ床面積約11,000㎡。現在、詳細設計を進めており、2019年に着工し、2020年に竣工する予定。
同社は、2010年にSiCパワーデバイス(SiC-SBD、SiC-MOSFET)の量産を開始して以来、世界で初めてフルSiCパワーモジュールやSiCトレンチMOSFETの量産を開始するなど、業界をリードする技術開発を進めている(同社調べ)。一方で、製造面においても同グループが誇る一貫生産体制を構築し、ウエハの大口径化や最新設備による生産効率向上に取り組んできた。
世界的なエネルギー対策が急務となる中、省エネルギー化のカギを握ると期待されているSiCパワーデバイスの需要拡大に備えるべく、新棟を建設し、生産能力の拡大を図っていく。

詳細はこちら

 
基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。

関連する記事

この執筆者が書いた記事

カテゴリ:IC・電子部品

基板関連工場の
無料登録 のご案内
貴社の設計、製造、実装の仕様、製造実績の登録をお願いします。