特集記事

IC・電子部品 2016.09.16

15Wワイヤレス受電用ICのQi v1.2認証を取得

基板の窓口編集部

(株)東芝は、ワイヤレス給電受電用IC「TC7766WBG」のWPC (Wireless Power Consortium)が策定するQi(チー)規格(※1)v1.2 EPP (Extended Power Profile)の認証を取得した。 同製品は、15W受電可能なICとして業界唯一(※2)の認証済み製品である。

同製品は、業界最小パッケージ(※2)を採用し、1チップで構築したQi v1.2準拠受電用ICであるため、ユーザ側で受電システムをコンパクトかつ容易に開発することが可能である。また、I2Cインターフェース(※3)を介して同製品のレジスタにアクセスすることで、送電器との通信情報や動作状態を読み出し、必要に応じてそれらの情報をモバイル機器のディスプレイなどに表示するなど、柔軟な制御およびシステム設計を提供する。

(※1)Qi(チー)規格:Wireless Power Consortiumにて策定された無接点充電の国際規格。
(※2)2016年9月16日現在、東芝調べ。
(※3)フィリップス社で開発された周辺デバイスとのシリアル通信方式。

詳細はこちら

 
基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。

関連する記事

この執筆者が書いた記事

カテゴリ:IC・電子部品

基板関連工場の
無料登録 のご案内
貴社の設計、製造、実装の仕様、製造実績の登録をお願いします。