特集記事

  • HOME
  • 特集記事
  • 動画版展示会レポート:第1回ネプコンジャパン秋
展示会レポート 2022.10.04

動画版展示会レポート:第1回ネプコンジャパン秋

基板の窓口編集部

プリント基板関連ピックアップ記事 動画版展示会レポート:第1回ネプコンジャパン秋

 

2022年8月31日(水)〜9月2日(金)幕張メッセにて、第1回インターネプコン秋が開催されました。

 

本展示会は、ネプコン東京展の秋版となり、今回が初開催です。

 

電子機器・半導体の最先端の部品・材料、製造・検査装置が一堂に出展したほか、カーエレ技術、ロボット、二次電池、燃料電池などの展示会も同時開催し、初回から600製品が出展しました。

 

【概要】

会期:2022年8月31日(水)~9月2日(金)

開催地:幕張メッセ

出展社数:189社(Webサイトの出展者一覧から)

併設展:第2回オートモーティブ ワールド秋/Factory Inovation Week 秋2023/FC EXPO秋 2023/第3回国際二次電池展 秋(通称バッテリージャパン)/第3回脱炭素経営EXPO 秋

 

【訪問者数】

8月31日(水)4,801人

9月1日  (木)5,044人

9月2日  (金)6,402人

合計16,247人

※延べ人数ではなく、実人数です。

 

今回、併設展を含む以下の企業に取材を行いました。

アールエムテック株式会社/株式会社オンテック/カシオ計算機株式会社/川並鉄工株式会社/共進電機株式会社/グローバルディスプレイ株式会社/有限会社グッドウッドKYOTO/クロニクス株式会社/システムエルエスアイ株式会社/株式会社シンキー/シンコー株式会社/株式会社松和産業/株式会社スフィンクス・テクノロジーズ/太陽工業株式会社/株式会社ダイテック/月島機械株式会社/株式会社テクノア/ティックコーポレーション株式会社/株式会社デンケン/双和電機株式会社/HILLTOP株式会社/株式会社フジタイト/ファインテック日本株式会社/株式会社プロト/プロニクス株式会社/東北マイクロテック株式会社/株式会社まるしんホールディングス/マルゴ工業株式会社/洛陽化成株式会社/株式会社ヨコオ/株式会社丸眞製作所/HILLTOP株式会社

 

これらの企業様の動画を順次公開していきます。

 

会場の雰囲気はこちら

 

チャンネル登録はこちら

Twitterはコチラ

 

 

カシオ計算機株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=KOlrXsMmTXg

 

企業概要

同社は電機メーカーとして、電卓、電子辞書、電子楽器、時計などを扱っています。これらのコンシューマ向け製品は誰もが知る人気の商品ですが、一方でBtoB向けのシステム機器の製造販売も行っています。具体的には、ハンディターミナル、電子レジスター、データプロジェクターといった商品を扱っています。 

 

製品・サービス

《組込専用プロジェクションモジュール LH-200》

今回の展示会では、工場の安全管理や作業支援に役立つ「組み込みプロジェクションAR」を展示しました。その特徴として、以下の点が挙げられます。

・組み込みの自由度が広がる小型軽量サイズ
約1㎏の小型・軽量サイズにより、組み込まれるシステムの軽量化や、設置機構の簡易化のみならず、今まで設置が難しかったスペースへの導入を可能にします。

・組み込めるシステム範囲が広がる拡張機能
使用温度及び冷却性能の拡張機能を持たせることで、施設や建物内部のシステムとして組み込む場合に想定される設置スペースや開口部の制約への対応可能範囲を広げました。

・ 最適な投映を実現する光源調整機能
部品や床面など特殊な対象にも投映しやすい光源調整機能を搭載しています。単色の輝度を高めたカラーモード、自由度の高い色調整機能などを新たに備え、個々の組み込み場面に合わせたきめ細やかな映像設定に対応します。

・向上した外部機器との連動性
映像同期出力信号機能を搭載することで、カメラなどの映像機器との連動性が向上し、マシンビジョンシステムの光源として活躍します。

 

 

月島機械株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=7eTCDizIjTg

 

企業概要

同社は1905年の創業以来、100年余りにわたり、産業の基盤となる装置・プラント設備や、日常生活に欠かせない上下水道設備、さらには環境保全設備など、常に社会とそこに暮らす人々の想いに対し、「技術」をもって応えてきました。
具体的な主事業としては、晶析、遠心分離、ろ過、乾燥に代表されるコア技術の単位操作機器の設計、製造並びに各種プラントのEPCを行っています。
R&Dセンターにおける技術検証および、100年以上の経験に裏打ちされた技術を武器に、国内外のお客様の事業をサポートしています。

 

製品・サービス

《高度な「ろ過」技術》

インペラにより、強力なクロススロー流れを発生させることにより、膜ろ過面でのケーキ形成、ファウリングを抑制することで、高濃度まで高いろ過速度を維持できることが強みです。
また、サブミクロン、ナノ粒子のろ過濃縮および溶媒置換(洗浄)、シングルミクロン粒子の湿式分級が可能です。

 

 

株式会社オンテック

 

https://www.youtube.com/watch?v=KcCKVtfAY3M

 

企業概要

同社はプリント回路事業、システムソリューション事業、ビデオコミュニケーション事業の3つの事業をおこなっています。
その中でも、プリント回路事業においては、プリント基板設計からプリント基板実装まで、一貫した対応ができる点に強みを持っています。
プリント基板設計においては、シミュレーション技術のほか、昨今ではAI自動配置ソリューションを自社で開発し、高品質なプリント基板設計を実現しています。

 

製品・サービス

《プリント基板設計シミュレーション・AI自動配置》

SI解析、PI解析、ノイズ解析、熱解析などを用いることで、高品質なプリント基板設計を実現しています。
また、AI自動配置により、複数の配置案の生成を行えることで、配置案の選択が実現できます。

 

 

株式会社松和産業

 

https://www.youtube.com/watch?v=nQuwS740Cek

 

 

企業概要

同社は、短納期・高難度・高品質を追求するプリント基板製造メーカーです。設計から実装まで社内で一貫した製造が行える点に強みを持っています。高周波対応基板・大電流基板・FPC・リジットFPCなど、多種多様な基盤製造に対応ています。

 

製品・サービス

《高周波基板・テフロン基板・リジットFPC基板》

同社が製造するプリント基板は、車載・5G・高速通信機器・航空宇宙・携帯機器・FAなどの設備・一般民生品・遊技機(アミューズ)、産官学からさまざまな研究開発機関向けまで、幅広い分野で使用されています。それらのプリント基板をすべて自社工場で一貫製造しており、ニーズに応じて最適な基盤を製作しています。
また、材料も豊富に取り揃えており、低誘電率・電気損失の少ない材料も取り扱いがあります。

 

 

株式会社シンキー

 

https://www.youtube.com/watch?v=jka4YEcmA-0

 

企業概要

同社は1970年の創業以来、自公転方式スーパーミキサーあわとり練太郎をはじめ、材料の撹拌・脱泡・分散等の材料加工を担う装置の開発、製造、販売を行っています。
自公転方式ミキサーのトップ企業として、国内4拠点のほか海外にも拠点をもち、国内外の材料開発・製造を陰ながら支えています。

 

製品・サービス

自転・公転方式ミキサー「あわとり練太郎」「はんだ練太郎」

主力製品である自転・公転方式ミキサーの「あわとり練太郎(大気圧タイプ)」には30年以上の歴史があり、56か国に3万8000台以上出荷されています。また、ソルダーペースト専用の「はんだ練太郎」もご用意しています。

両者の特徴は以下の通りです。

・圧倒的な短時間処理と充填等への連携を支援

・均一な撹拌・分散・脱泡の同時処理

・様々な粘度、比重のある材料に対応可能

・材料特性の変化を低減

・簡単操作と確かな再現性

・非接触・容器内処理で前後工程を大幅削減

・あらゆる容器形状、形態に対応

 

 

双和電機株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=WeqI6d5NIjA

 

企業概要

京都に事業拠点をもつ同社は、産業用プリント基板実装を中心とした、産業用電子機器のOEM生産を行っています。
年間約4,000機種生産、平均LOTは約20台という小ロット生産を主としながらも、ハード・ソフト設計から部品調達、品質保証までワンストップで提供しています。
取引業界は多岐にわたり、現在は全国100社以上のお客様と取引があります。

 

製品・サービス

産業用プリント基板実装の超小ロット「量産」

小ロット生産を主としながらも、アートワーク・ソフト・各種治具設計などの技術サポートや、部品調達(自己調達率90%以上)、生産中止情報の提供・代替提案・各種環境調査対応など、量産時に必要な幅広いサポートが可能であることが強みです。
品質は最注力事項であり、実績(クレーム率)はWEB上に公開されています。トレーサビリティについても、自社開発の生産管理システムにより部品レベルでのトレースを実現しています。

 

 

株式会社テクノア

 

https://www.youtube.com/watch?v=pM4t395eJAA

 

企業概要

同社は、生産管理システム・3Dシュミレーションシステムなどのパッケージソフトや受託ソフトの開発・販売および導入支援、保守などを行っています。
4,200社以上の導入実績を誇る中小製造業様向け生産管理システム「TECHSシリーズ」をはじめ、AI・IoTソリューションなどをご提供しています。
また、ITツールの提供のみにとどまらず、導入時の伴走型支援も行うことで、中小製造業のDX推進・業務効率化・生産性向上を一貫してサポートしています。

 

製品・サービス

《生産管理システム「TECHS-S NOA」》

導入実績4,200社の「TECHSシリーズ」のノウハウはそのままに、中小規模の個別受注型 機械・装置製造業様でも安心して導入できるクラウド対応型の「生産管理システム」です。
アプリケーションはWebブラウザ上で稼働し、利用料は定額サービス(サブスクリプションモデル)を採用しています。クラウド環境で利用できるため、サービスの利用開始までが短期間であることに加え、伴走型支援サービスにより稼働までのサポートも行っています。
また、サービス稼働後においては、さらなる利益体質への改善を支援する各種サポートも充実しています。

 

 

ティックコーポレーション株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=4RcAZJ-yKYs

 

企業概要

同社は工業用機械機器や機械工具の販売、精密機器の輸入販売、圧縮空気用エアーノズルやタンク洗浄ノズルなどの販売を行っています。
主に工業用機械や装置を世界中から輸入し、それらの製品を提供することで「お客様が抱える様々な問題(生産効率、経費、品質、環境)を解決する」ことを掲げ、問題解決に寄与する製品をお届けしています。

 

製品・サービス

《超音波スプレーノズル》

従来のコンプレッサーエアーに比べ、超音波で液体を霧化させるため、エネルギーコストを低減させることができます。流量に関わらず均一霧化させながらも粒子径はほぼ一定であるため、塗布液のムダが削減されることで塗布効率を格段に向上させることができます。

 

 

グローバルディスプレイ株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=_0J1vFaup9A

 

企業概要

同社は液晶パネルや液晶モジュールに強みを持ちながら、FPC実装にも力を入れています。産業機器、OA機器、車載、民生、サイネージ業界など様々な業界への実績を持ち、各分野のお客様の要望に応じた最適なディスプレイの提案・提供を実現しています。

 

製品・サービス

《防水モニター(32インチ)》

多種多様なディスプレイを取り揃えています。例えば、風雨や陽光にさらされても鮮明な視認が可能な屋外仕様の商品や、防水、ミラー、透明仕様の商品が挙げられます。これまで市場に「ありそうでなかった」、かゆいところへ手が届く商品展開が強みです。
また、ディスプレイに付随するPCB・FPCアッセンブリや、コネクタも取り扱っています。

 

 

シンコー株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=jjNkDOsbNK8

 

企業概要

新潟県に位置する同社は、脆性材(セラミック、ガラス、など)の「切る・削る・磨く・溝入れ」を得意とし、単一工程から一貫加工(加工〜プロセスの)まで対応可能です。
同社の技術は、医療機器、通信機器、光通信用部品、測定機器部品まで幅広い製品の土台を支えています。
「お客様のお困りごとを解決するための提案・技術を提供する」ことを掲げる営業・生産活動により、開発品・試作品から量産生産まで幅広く対応し、最新デバイスの中核を担う機能を支えています。

 

製品・サービス

《セラミックス基板ダイシング加工他》

要求仕様に応じ、高精度・高品質での加工が可能です。お客様の課題解決にあたり、技術的な提案および加工、試作まで対応できる点が強みです。

 

 

株式会社デンケン

 

https://www.youtube.com/watch?v=03FXkIbtQDY

 

企業概要

同社はFA装置関連事業、半導体関連事業、エネルギー関連事業、駐輪事業、健康・医療機器関連事業、精密板金機械加工事業の6事業を柱としています。
その中でも、半導体関連事業では半導体後工程関連の試験を行い、組立・実装、信頼性試験、故障解析、EMC試験までを一貫して受託することができます。
EMC試験は、電子化が進む自動車のデバイス技術開発において不可欠です。
車載部品と半導体単体について、試験可能な数少ないEMC試験サイトに強みを持っています。半導体EMCにおけるDPI法および150Ω法では、半導体単体での等価性を評価することも可能です。
また、PCNやEOLが発生時の部品の置き換えへの対応実績も多数あります。

 

製品・サービス

《半導体EMCにおける、DPI法・150Ω法》

半導体EMC規格(※)に準拠した試験に対応可能です。半導体EMC専用の評価基板の設計ノウハウも強みとしています。
 ※半導体EMC規格一覧
  JASO D019(自動車用半導体EMC性能等価性試験法)
  IEC 62132-4(DPI法)
  IEC 61967-4(150Ω法)
  JEITA ED-5008

 

 

株式会社フジタイト

 

https://www.youtube.com/watch?v=k0kiXwE16js

 

企業概要

同社は金属部品の切削加工において、ダイカスト部品などの量産品から少ロットの試作品まで対応しています。
ダイカストの試作においては、切削または3Dプリンターでマスターモデルを作成した石膏鋳造により、金型レスでの低コストかつ短納期での製造を実現しています。素材調達から表面処理までカバーできる対応力が強みです。

 

製品・サービス

《ダイカスト部品の少ロット試作品製造》

ADC材を用いて試作を行うため、ダイカストで製造する製品と同じ傾向を確認することができます。そのため、最適な試作品の提供を可能としています。
マスターモデルの作成においても、3Dプリンターと切削を使いわけています。お客様が何を重視されるか(コスト・品質・納期)により、最適な作成方法をご提案することができます。

 

 

ファインテック日本株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=YicWoozctjY

 

企業概要

ドイツのベルリンに本社を置くファインテック社は、高精度ダイボンディング装置の開発・設計・製造に特化し、常に最先端の実装技術を提供する、ダイボンダー・フリップチップボンダーのメーカーです。同社は日本のお客様へ向けたダイボンダに関する営業サポート及びアプリケーションサポートの拠点として、2014年の開設以降、国内のお客様へ最新の実装技術を提供しています。
高精度ダイボンディング装置は、最先端の微細部品、複合アプリケーションに適応しています。フリップチップ実装、VCSEL、MEMS、光学部品実装、レーザーダイオード、各種センサー、チップ to ウェーハなどの実装用途として使用することができます

 

製品・サービス

《高精度ダイボンダ lambda2 (ラムダ2) 》

最先端の各種部品のパッケージング技術に適し、小型卓上タイプでサブミクロンレベルの位置精度を持つ高精度ダイボンダ、フリップチップボンダです。モジュール構成を採用しているため、各種の実装アプリケーションに容易に適応します。

 

 

株式会社プロト

 

https://www.youtube.com/watch?v=75vaZASqtSo

 

企業概要

同社は3Dプリンターを用いて砂型を製作し、試作開発で使われる鋳物部品を製作しています。鋳造素材の製作から仕上げ加工、検査品質保証まで一貫した製作体制があります。
1個~100個までの少量製作に対応でき、自動車メーカーへの納入実績をもとにしたものづくりに強みを持っています。

 

製品・サービス

《3Dプリンタ砂型を用いた鋳物部品》

1個からの製作であっても、低コストかつ短納期での対応を実現してます。
プロトでは、鋳造素材から仕上げ加工、品質管理までを社内一貫で対応可能な体制により、素材から加工までトータル対応した製品を製作することができます。プロトで製作した製品を用いて、デザインレビューをお客様に行っていただくことも可能です。
また、素材不良、加工不良の場合も社内でフォローができるため、コスト増(素材再調達、再加工費)の懸念もなく、お客様の管理負担を軽減することができます。

 

 

マルゴ工業株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=NSVxZ4VbDqY&t=6s

 

企業概要

1964年に設立した同社は、主要事業としてテープ貼り自動化ユニット・装置の開発製造販売や、FA・省力化機器装置の設計・製作を行っています。
また、自動テープ貼り装置をはじめとした精密・微細部品のハンドリング・位置決め技術や、画像処理・各種センサー・サーボモータ・ロボット・カム機構を組み合わせた組立・検査装置に強みを持ち、ご依頼に応じた各種専用機の開発も得意としています。

 

製品・サービス

《各種テープ貼り付け対応ユニット》

紙テープ、セロハンテープ、ポリイミドテープ、両面テープなど、各種テープの貼り付けに対応したユニットがあります。各種ロボットや専用機、同社のテープ貼り装置への装着により、自動でのテープ貼りが可能になります。それにより、生産の効率化や安定化を実現することができます。

 

 

ツウテック株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=vDLUWNMV5vs

 

企業概要

同社は1990年の創業以来、金属を中心とした高度な精密切削加工を行ってきました。ステンレス・アルミ・チタン・スーパーインバー・インコネル・ハステロイ・銅などの精密機械部品加工を得意としています。
高精度精密切削部品から難削材の加工まで、超高精度高速微細加工機(Android Ⅱ)、5軸マシニングセンタ、プロファイル研磨機Upz、5軸複合旋盤などの機器を駆使して対応しています。
なお、グループ会社全体では、FA装置の設計、組立、電気制御、現地据付(国内外)まで一貫した製作対応が可能です。

 

製品・サービス

《純モリブデン鋼の一体型削り出しによる、φ50㎛、L/D30(1.5mm)、肉厚10㎛のノズル12本を達成》

同社では、あらゆる産業を支える電子部品及び半導体製造装置部品や通信機器、FA装置、医療関連の機器部品航空宇宙関連の部品を製作しています。
また、ミクロンレベルの穴ピッチや非磁性薄物加工の平面度要求など、高度な切削加工技術を武器にあらゆるニーズに対応することができます。

 

 

株式会社ヨコオ

 

https://www.youtube.com/watch?v=HnKoZCRcsaM

 

企業概要

1922年創立の同社は、自動車市場・半導体検査市場・携帯端末市場・先端医療機器市場へ独自の先進技術力を駆使し、革新的な先端製品を提供してきました。
具体的には、車載通信用および社会インフラ用システムを扱う「アンテナ製品」、回路検査や電子機器、電気検査用治具に用いられる「コネクタ製品」、医療用デバイスやLTCC応用デバイスを扱う「先端デバイス製品」を扱うメーカーとして、幅広い事業領域での解決策を提案しています。

 

製品・サービス

《光デバイス製品》

独自開発による光送信と受信モジュールを搭載した2種類の光トランシーバがあります。
1つ目は、「LCコネクタタイプ」です。光通信コネクタで実績のあるLC光コネクタインターフェースを採用しました。SFP+と同等の光信号伝送能力を持ちながら、その体積はSFP+の約1/3という小型な形状です。
2つ目は、「光/電気複合タイプ」です。光+電気複合インターフェースを採用し、同社指定の光/電気複合ケーブルを用いることで、大容量データの光伝送と電力供給を同時に実現しています。こちらもSFP+と同等の光信号伝送能力を持ち、体積はSFP+の約1/10という小型な形状です。

 

 

プロニクス株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=Fuk9Q_6HqYg

 

企業概要

同社は、寸法測定受託サービスをはじめ、精密プラスチックの射出成形用金型の設計、製造から試作・量産に至るまで一貫したものづくりを行っています。
創業から30年以上にわたり、お客様の品質パートナーとして多種多様な業界の測定を行い培われた実績と技術は、リバースエンジニアリングサービスにも活かされています。
また、国内外に製造拠点を構え、国内は京都の宇治に3拠点、海外はベトナムに3拠点(ホーチミン・ハノイ・ロンアン)、タイに1拠点の計4拠点があります。精密プラスチックの金型設計から量産まで一貫で対応し、グローバルなパーツ作製により、短納期・最適コストでの対応を実現しています。
なお、成形材料においては、汎用プラスチックからエンプラ、スーパーエンプラまで幅広い対応実績があります。海外拠点においても、日本調達材料での製造が可能です。

 

製品・サービス

《多種多様な測定機器》

寸法測定受託サービスの保有設備として、多種多様な測定機器を取り揃えています。
三次元測定機(東京精密・Nikon製)5台、画像測定機(Nikon製)4台、顕微鏡(Nikon製)37台、粗さ測定機(東京精密製)接触1台・非接触1台など、用途に応じた豊富な測定機器のラインナップは同社の強みです。

 

 

川並鉄工株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=Sne3KbIlaHc&t=1s

 

企業概要

1904年創業の同社は、部品加工、デザインパネル、摩擦攪拌接合の3つの事業を行っています。
これら事業の土台には、長年培われた加工技術があります。各種製菓機・遊戯器の製造を経て、門型五面加工機や横型マシニングセンタによる液晶・半導体製造装置や、医療機器等の各種産業用機械に用いる大型部品の高精度な金属切削加工を得意としています。
部品加工としては、医療器、半導体・液晶製造装置、洗浄機、その他自動機の大型部品の切削加工を行っています。
デザインパネル「刻鈑®」の製造・販売において、刻鈑®とはデジタル画像をもとに、切削加工で3次元的にその画像をアルミパネルに表現した製品です。
摩擦攪拌接合(FSW)としては、サポイン事業にて、大阪大学接合科学研究所のもとFSWの研究を行い、冷却パネル製作への利用などの用途開発に取り組んでいます。

 

製品・サービス

《摩擦攪拌接合(FSW)》

摩擦攪拌接合(FSW)とは、回転する専用ツールで発生する摩擦熱・圧力・攪拌の3要素を利用して塑性流動を起こし、2つの部材を固相接合する技術です。
母材を溶融せず接合するため歪が小さく、また接合部が微細構造となるため強固な接合となり、同種接合および異種材接合を可能としています。
MC加工により、必要なところへ必要なだけの水路を設け、蓋をすることで摩擦攪拌接合により封止を行います。なお、受熱部において、熱伝導率の高い銅を用いて水路の蓋をすることにより冷却効率アップを狙いました。
摩擦攪拌接合(FSW)によるアルミX銅の接合は、接合部の金属間化合物も少ないことから、耐水圧2MPaを達成しています。

 

 

株式会社スフィンクス・テクノロジーズ

 

https://www.youtube.com/watch?v=_uFmVdWZPRw

 

企業概要

同社は誘導加熱装置や非接触給電における研究・用途開発や電子部品販売、設計・生産支援を行い、「はんだ付け」に強みを持っています。
はんだ付けは、スマホから電気自動車まで電気で動くものすべてに必要です。さらに、廃棄問題など環境へ与える影響も相まり、その重要性はますます高まりをみせています。
同社の強みである新たなIHを用いた「非接触はんだ付け装置」は、生産性および品質向上の一助としてお客様のものづくりを支援しています。

 

製品・サービス

《IHはんだ装置》

高熱量かつ非接触のIHはんだ装置は、早さと完成度の美しさを保ちながらも、ツール交換不要であるという利便性も兼ね備えています。また、作業者への利点のみならず、カーボンニュートラルにより環境への配慮も実現しています。

 

 

丸眞製作所

 

https://www.youtube.com/watch?v=w85yVbLidRo

 

企業概要

長野県に位置する同社は、金属熱処理や金属表面処理を扱い、各種熱処理、表面処理に対応しています(ISO9001、ISO14001認証取得)。
県内最大の大型真空炉を保有す同社は、全自動設備による24時間稼働処理、量産ロットへの対応力にも秀でています。
また、グループ会社との連携により、製品加工から表面処理までの一貫生産を強みとしています。管理費用や流通コストが抑えられることで、納期の短縮も可能です。

 

製品・サービス

《M-NCプロセス》

「M-NCプロセス」とは、ガス軟窒化処理する際に「窒化ポテンシャル制御」を行う新たなガス軟窒化プロセスです。窒化ポテンシャルを高精度に制御することにより、化合物層の形成および、その組成を用途に応じてコントロールすることができます。
本プロセスにより、従来のガス軟窒化処理に比べ、機能特性に優れた化合物層の形成制御が可能となります。
同社の試験結果では、ポーラス層厚の抑制と機能特性(疲労強度、耐摩耗性)の改善に有効であるという結果を得ています。

 

 

HILLTOP株式会社

 

https://www.youtube.com/watch?v=NVEqtpTgz_Y

 

 

企業概要

1961年創業の同社は、京都にてアルミ切削加工や試作品製作を行っています。
同社の強みとして、「HILLTOP SYSTEM」と呼ばれるオリジナル生産管理システムがあります。職人技のデータベースである本システムを武器に、短納期・多品種単品・24 時間無人加工を実現することで、最適・最短工程でのものづくりを可能としています。
その背景には、「機械ができることは機械に任せ、人は人にしかできない仕事を」というモットーがあります。機械を有効活用することで、部品加工以外にも医療機器などの装置開発事業に至るまで幅広く手がけています。

 

製品・サービス

HILLTOP SYSTEMによる多種多様な加工

同社では、自動車部品、航空機部品、医療関連の金属加工などの試作・単品から、半導体関連部品などの精密部品、軽量化が必要な機械部品まで、さまざまな加工にお応えしています。
受注・製作から納品までITの力を駆使し、多くの工程を24時間無人稼働・自動化することにより、製作期間を大幅に短縮できます。また、熟練のノウハウや職人技とよばれる技術のデータベース化により、短納期でありながら高品質な製品の安定供給を可能としている点も強みです。

 

 

まとめ


今回が第1回目となった「インターネプコン秋」。

馴染みのある1月開催の東京展に比べると、出展企業の数はまだまだ少なく、出展製品・サービスについても、我々の認識にある「ネプコン」とは少し異なるものが多かったように感じました。

しかし、併設展であるオートモーティブワールド、FACTORY INNOVATION Week 、FC EXPO、二次電池展、脱炭素経営EXPOへの集客も功を奏し、本会場もとても賑わいが見られました。

各取材先で今回の盛況ぶりについて尋ねると、「たくさんのお客さんが訪れている」という返答が多く聞かれました。

本展示会をきっかけに、数多くの商談が生まれることを祈っています。そして、来年以降もこの展示がどのような形で実施され、継承されていくのか期待しながら追っていきたいと思います。

 

基板の窓口編集部

基板の窓口に寄せられたプレスリリース、投稿記事をご紹介します。記事の掲載に関するお問い合わせはお気軽にお声がけ下さい。

基板関連工場の
無料登録 のご案内
貴社の設計、製造、実装の仕様、製造実績の登録をお願いします。